« マツダイタリア社内は乱闘中 | トップページ | 70年代の金持ち兄弟(テキサス編) »

2005/04/03

建前に技術が追いつく日

来年のFIFAワールドカップは全チケットにRFID導入(ITmedia)

確かフランスW杯でフーリガン対策およびブラックマーケット対策としてチケットに名前が入り、入場の際に本人確認が求められる、なんて話があり、911以降はテロ対策も加わって大会の度にそんな事が言われていたが、実際には「必要があれば」というだけのようで、入場の際によっぽど挙動不審でなければ何も言われない。
観客数を考えればパスポートなんかで一々確認するのも現実的じゃないし。

そんな建前をとうとう全観客に対して実行できる日が来た、と言わんばかりのW杯組織委員会だが、本人確認にチケットと別に身分証明書が必要なことに変わりないから、直接の効果は会場入口がETC化することに現れるだけだろう。

明らかなアジアンフェイスの客が「パトリック・マクマリー」なんて名前の入ったチケットを持って入ろうとすれば呼び止められる確率は高いが、それは今までも一緒だし。

個人的にはボランティアのもぎりに「グッド・ゲーム」って言われたり、現地の言葉で挨拶されるのも外国でゲームを見る楽しみの1つだと思うんだけど、それが無くなるならちょっと寂しい。

« マツダイタリア社内は乱闘中 | トップページ | 70年代の金持ち兄弟(テキサス編) »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/47427/3553535

この記事へのトラックバック一覧です: 建前に技術が追いつく日:

« マツダイタリア社内は乱闘中 | トップページ | 70年代の金持ち兄弟(テキサス編) »

2016年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

Googleサイト内検索

観戦、旅行、その他諸々

フォト