« 本業でももう少し狙って欲しい by ルシェ | トップページ | 風邪で休む日本人は2人目 »

2005/03/19

草津vs札幌(TV観戦)

2005 J2 第3節 結果(J's GOAL)

草津はジャイアントキリングを果たした横浜FM戦でレッドカードを喰らった山口が復帰。
彼がいなかった開幕戦では奪ったボールを前戦に運ぶ方法がサイドのドリブル突破かロングパスくらいしか選択肢が無いという単調さで、これで得点するには幸運と結構な力量のセンターフォワードがいないと無理、という戦い方しかできていなかった。

それに比べて今回は「次の一手」を探しながらボールを保持することが出来るゲームメーカーが存在する事で、草津の攻め手は急に増えていた。

迷わずに、あるいは迷ったら彼、という頼れる選手の存在は中盤守備にとっても大きかった。ボールの行き先が決まっているわけだからか、吹っ切れた感じで相手にどんどんプレッシャーをかけに行く。そして奪ったボールは山口へ。
基本的には山口から左サイドへ展開する事が多く、前回は後方のスペースを明け渡しているだけだったサイドバックの攻撃参加が、3戦目にして(つっても京都戦は見ていないが)初めてまともに機能し始めていた。

だから点差ほど圧倒されていたわけでは無いどころか、札幌の選手とのレベル差がそれほど大きくないことにも助けられ、先制点奪取までは草津が有利に試合を進めていたくらいなんだけれど、山口と良いコンビワークを見せていた左サイドバック・高須の負傷退場から徐々に草津の攻撃が失速。

高須の代わりに入った寺田、逆サイドで攻撃に参加していた堺は残念ながら札幌の選手と比べても「ボールをしっかり止める」ことが出来ない選手で、Jレベルの選手なら一発でスッと止めるボールを大きくバウンドさせてしまう。
これでゴール前へのボール配球が一瞬遅れ、その一瞬が札幌の守備陣を助けていた。

さらに中盤守備は立て直してきていたが、肝心の後方守備が上手くいっていない。
札幌の守備は特に強いわけではないが、ラインの押し上げやマーキング相手の確保をきちんと行っているのに対し、草津の守備はその場その場の対応に追われている感じで、選手同士が連動していない。
同点にされた池内の得点はDFとGKの交錯から、堀井の2点は誰も彼を捕まえようとしていなかったからで、ゴールすぐ前まで進入を許してしまってはどんなGKでも止めようがない。守備陣同士で声をかけていないんじゃないか?
ただ、砂川のバイシクルシュートはさすがだった。なんでJ1から声がかからないかな。

守備に関してはまだあって、相手の早いリスタートに虚を突かれる事があった。
相手に得点されたあとに気落ちして中盤の出足が止まってしまうのも、アマチュア時代の癖が抜けていない感じ。
また、FK、CKを貰ってもセカンドボールは拾われて逆襲を招く等々。。。

ゲームメーカーとしての山口がJ2でなら通用する事は収穫だったし、高須の復帰が心配されるところだが、少なくとも山口→高須というホットラインは攻撃の軸として活かせそうなので、「こりゃ先は長いなあ」とため息をつくだけだった開幕戦よりは遙かにポジティブな試合ではあった。
ただ、守備の組織化が全然出来ていない。
監督は「3点獲られても4点獲るサッカーを目指す」とクライフみたいな事を言っているけれど、本当にそれでいいのなら、山口が展開に困らないような質の高いウイングが必要かな。
少なくとも今の攻撃パターンをレベルアップさせたいなら。
砂川なんてぴったりなんだけどな。(笑)

« 本業でももう少し狙って欲しい by ルシェ | トップページ | 風邪で休む日本人は2人目 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/47427/3360733

この記事へのトラックバック一覧です: 草津vs札幌(TV観戦):

« 本業でももう少し狙って欲しい by ルシェ | トップページ | 風邪で休む日本人は2人目 »

2016年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

Googleサイト内検索

観戦、旅行、その他諸々

フォト