« ソルベルグ独走 | トップページ | 最後は観光旅行 »

2005/03/13

磐田vs名古屋(TV観戦)

名古屋、磐田に圧勝 新潟は初勝利(スポナビ)

リーグ2戦目にして崔(ヒザ痛)、村井(忌引)と新加入のキープレイヤーをいきなり欠いてしまった磐田。
さらにFWは、ゴンが試合前の練習で太ももに違和感を感じたということで、急遽カレンロバートが先発。
名古屋はウェズレイが欠場で、新人杉本がデビュー。他は第1戦と一緒(多分)。

磐田の試合をいつも見ているわけではないので断言できないが、左サイドに藤田、トップ下に前田という中盤構成って初めての気がする。
藤田に村井の代わり、グラウに崔の代わりを要求出来るわけもないので、攻撃方法が大きく変化するのは間違いないところだったが、どうしたいのかはいまいち見えない。変えるつもりはなかったんだろうか。

藤田と前田の噛み合わせはあまり良くなかった。お互いにどっちがどう動くのか理解していない感じ。

カレンロバートはゴツいのが揃った名古屋の選手相手には線が細すぎた。決して肉体派とは言えない角田に軽くあしらわれてしまうんだから、他のDFには更に簡単に潰されるのでボール保持は期待できない。

本人もそのことに気づいたのか、途中から前線で頑張る事は止めてしまい、ラインの裏に潜り込むか、ペナルティボックスの外から味方にボールを配給する事に専念していた。
となると、前線で頑張るのはグラウだけになってしまうので、名古屋は2〜3人掛かりで潰してしまい、やっぱりボールが収まらない。

カレンロバートがライン裏への飛び込みプレーを選択してしまった事により、藤田、前田とライン裏取り屋が3人開店。お陰でサイドからのボール配給は西だけに。しかも、西がボールを持つと3人の裏取り屋はさっさとゴール前に集まってしまうので、西はあっさり孤立。
結局左サイドの藤田はサイドをえぐるプレーは45分間に渡って拒否。
名波もボールをどこに展開していいのか分からず困っていた。

磐田左サイドのこの煮え切らない動きが名古屋にとって有利に働く。
お陰で角田の上がりが楽になり、かなりの頻度で前戦に顔を見せていた。
とはいうものの、安とクライトンのコンビが今ひとつで、クライトンが上がってもフォローが無い。逆はもっと無い。お陰で2人どちらかのパスミスからあっさりピンチが訪れるという感じで、見た目上は互角の戦い。

試合が動いたのは後半から。
さすがに裏取り屋3人は多いと思ったのか、磐田はカレンロバートに替えて服部を投入。これで角田の上がりを抑える狙いか。
さらに藤田をトップ下にコンバートし前田をFWへ。
これが最初の10分くらいまでは効果を生む。
西の右サイドでの動きに前田が積極的に絡めるようになり、1度は決定的なチャンスを作った。
しかし、先制点は名古屋。
それまでは「足は速いがシュート精度は低くドリブラーとしては並」という、岡野かデビュー当時の田中達のような雰囲気を漂わせていた杉本が、俊足を生かしてマルケス(だと思った)からのパスに追いつきGKとの1対1に。
これは外したが、吹っ切れたのかこれ以後ひたすらDFラインへの裏を狙うようになる。
新造DFラインだけにただでさえその動きに不安定なものがあった磐田DF陣は、茶野1人では杉本を止めきれず、対応に苦慮。
そんな風に視野の狭くなってしまった磐田DF陣の弱点を突いたような、角田のクレバーな配球によって、杉本が先制点を奪取する。

これでDFラインはキレてしまったのか、名古屋攻撃陣が上がってくるとずるずると下がってゴール前のスペースを空けてしまうようになり、マルケス、中村直が決定的なパスを配球する手助けをするようになってしまう。

結局、CKから古賀が、ゴール前の混戦からクライトンが追加点をそれぞれ決めると、磐田はどうやら目指せACLモードに突入してしまったのか、2点目をとられたあとは名波に替えて川口、3点目のあとは福西に替えて菊池と若手育成型選手交代を開始。
パワープレーの時間帯で磐田では数少ない高さを持った福西を替えてしまっては、逆転の望みが芽生えるわけもなく、残り10分は名古屋が適当にボールをはじき返しているうちに終わってしまった。

今日の戦い方を見る限りでは磐田は村井と崔がいないときの戦い方を想定していないように見える。
使える、あるいは監督が使い道を知っている選手がいないんだとすると、大枚叩いて補強したけれど選手層は薄いということだから、これでアジアで戦えるのか?

名古屋は「堅い守備ではじき返してあとはウェズレイとマルケスが何とかする」から幾分変化は見られる。
角田という頭脳派DFをサイドバックとして生かし始めているからそう思ったんだが。
ウェズレイが復帰したら杉本はスーパーサブ扱いだろうか。ちょっともったいない。

« ソルベルグ独走 | トップページ | 最後は観光旅行 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/47427/3284211

この記事へのトラックバック一覧です: 磐田vs名古屋(TV観戦):

« ソルベルグ独走 | トップページ | 最後は観光旅行 »

2016年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

Googleサイト内検索

観戦、旅行、その他諸々

フォト