« メルセデスのデッドコピー | トップページ | 横浜vs磐田(TV観戦) »

2005/03/05

草津vs山形(TV観戦)

サッカーJ2結果 山形3−0草津(スポナビ)

地元にこれといったクラブを持たないサッカー愛好者は、JFLはおろかJ2のリーグ戦も見る機会ってのはほとんど無いわけで、JFL3位のチームとJ2で4位だったチームの差がどの程度なのかは計りがたい。
そういう意味では興味深い機会になったが、草津サポーターやシンデレラストーリーを書き立てたがるマスコミにとっては残念な結果ではあるものの、全ての面で山形が上だった。

特に自陣、敵陣問わないゴール前でのプレー精度、または落ち着き。

草津守備陣は自ゴール前では単純に人数が足りない。
これは、試合終盤まで律儀に攻撃参加していたサイドバックの戻りが遅いため。
そんな敢闘精神は大いに誉められて然るべきだし、実際前半20分くらいまでは、サイドの攻防で草津が圧倒していた。
去年は出来ていなかった「速いクロス」も上げていたし。
しかし、草津のフォーメーションは4−3−3で中盤が薄いため、山形が真ん中から速いパスを繋いでくると、あっという間にゴール前。
だから人数の少ないセンターバックは下手に突っ込めず、遅れて戻ってきたサイドバックは状況を把握するのに一瞬時間が必要なので、結果としてどちらもボールの行方を見守るしかなくなる。
そんなわけで草津のDFは「ピンチの芽を摘む」という仕事までは出来ず、シュートやクロスをはじき返すのが精一杯。
藤川GKコーチに育てられた草津・GK岩丸は、磐田で佐藤洋平が負傷休場をしている間に割といい仕事をしていたので獲得は正解。彼がいなかったらあと3点くらいは取られていた。

一方、草津の攻撃陣はゴール前で慌ててしまうのか、力が入りすぎてしまうのか、自分の足下のボールしか見なくなってしまい、結果としてシュートを打つタイミングが遅れる。その間に山形の守備陣がきちっとコースを塞いでしまう。
更に良く上がっていたサイドバックだったけれども、途中から「とりあえず上がる」というような感じの上がり方になってしまっていた。
本来後方にいる選手が前線に進出する時は「味方のパスコースを増やす」「相手のマークを外す」などの意図がなければ上がる意味がないんだが、サイドバックが前に行っても、草津の中盤は手詰まりでバックパスなんてシーンが頻発。つまりポジショニングもタイミングも良くないわけで、これでは守備を危なくしているだけ。

山形は前半20分くらいまでは、昇格初戦で気合いの入った草津の攻撃に気圧されていただけでなく、選手同士の意思疎通が上手くいっていなかった感じ。
マーキングを外されるとフォローが無いとか、ルーズボールを拾えなかったりとか、チームとしての動きが鈍く、この時間帯に草津が先制点を決めていればあるいは、と思わせたものの、オウンゴールに近い佐々木の先制点が決まったあとは徐々に主導権を取り戻し、後半は完全に試合をコントロールし始める。
特に草津が薄い中盤ではやりたい放題に近く、短いパスも長いパスも通し放題。相手のパスは奪いたい放題。サッカーをするだけでメシを食ってきた選手とそうでない選手の違いを見せつけられた感じの45分にしてしまった。

草津のDFは中盤にパスを渡すのが怖くなってしまったらしく、負けているのにDF同士でパス回しを始めてしまう悪循環。相手がスペースを空けてくれるのを待っていたんだろうが、味方も動いてくれないんじゃあ、無理な注文。

開幕前に草津の手塚監督は「組織的な攻撃サッカー」「ウイングを置いた4−3−2−1フォーメーション」を目指すと、ズデネク・ゼーマンか杉山茂樹を思わせる不吉な発言を行っていたが、私見ではカネのないチームが攻撃サッカーを行うのはまず無理。
ゼーマン自身も人的、資金的な余裕のないセリエBのクラブを率いて降格させたりしている。

やはりカネのないチームは「部活サッカー」。
同じ日に試合を行った大宮がG大阪相手に守り倒して勝利してしまった事を思えば、やっぱり集団が力を発揮するのは守備。
たとえスポンサーが雪崩を打って逃げ出しても、草津はこの方針のままであと3年は続ける、というなら尊敬するけれど。

なぜか元読売巨人軍の吉村がいた。
群馬テレビが「ザスパ草津昇格おめでとう」中継ということで、特別ゲストとして呼んだのだという。

« メルセデスのデッドコピー | トップページ | 横浜vs磐田(TV観戦) »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/47427/3182676

この記事へのトラックバック一覧です: 草津vs山形(TV観戦):

« メルセデスのデッドコピー | トップページ | 横浜vs磐田(TV観戦) »

2016年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

Googleサイト内検索

観戦、旅行、その他諸々

フォト