« 京都議定書を批准しない国のモーターショー | トップページ | NYモーターショー2題 »

2005/03/26

イラン戦雑感

試合速報・詳細 イラン対日本(スポナビ)

イラン戦後 ジーコ監督会見(スポナビ)

試合後 イラン代表イバンコビッチ監督会見(スポナビ)

仕事の都合でいつも帰りは午後9時を過ぎる自分としては、ホームよりも西アジア地区で行われるアウェーの方がちゃんと代表戦を見られたりする。
とはいうものの、今回ちゃんと見られたのは前半だけで、後半は疲れが出てうたた寝状態。
なので、前半だけの雑感。

・ダエイは完全に削られ役。本人がその役目に納得した上でそうなっているのか、力の衰えから結果的にそうなっているのかは分からないが。

・前評判の高かったカミリだが、ブンデスリーガにいるハシェミアン、マハダビキアと比べると格は落ちる。カミリなら1人で止められるが、この2人だと難しい、みたいな。

・同じく話題になっていたドイツ生まれドイツ育ちのザンディだが、やや孤立していた感じ。

・点を獲ったからだけでなく、バイエルン・ミュンヘンにいるハシェミアンは凄かった。こんなのが控えにごろごろしてるのがビッグクラブというものなのか。干されている分、疲れてなかったということもあるだろうが。

・そんなハシェミアンに同じサイドで対峙したのが三浦。攻撃参加が持ち味の彼は守備局面では明らかに役不足。イランのサイド攻撃を抑えるために4バックを導入したのなら、開き直ってもっと守備的な人材を起用しても良かったと思う。

・中村が中田英と比べて目立たなかったのは、後ろに控えるそんな三浦を信用しきれなかったからか?

・とはいうものの、稲本は欠いたが久々復活の「黄金の中盤」は花試合モードだった初期と比べると明らかに進化していた。誰が何をしているのかよく分からないので中田英がボール持ちすぎ、なんてこともなかったし。

・センターハーフは小野と福西のコンビ。守備専業だが機を見て前戦まで駆け上がる汗かき役の福西と攻守のバランスをとる小野。小野のバランサーぶりはかなりのもので、フェイエノールトの成績が小野の体調に左右されてしまう理由が分かる。

・高原は不調という事だったが、確かに「点を獲るには良い場所」に潜り込んでいる確率は玉田の方が高かった。高原はそれに対してサポートも何もしてない。

この敗戦でジーコは色々腐されるだろうが、W杯出場が夢の世界でないチーム同士の試合にふさわしい内容だったとは思う。インド戦で印象的だった「試合中なのにサイン責めに遭うジーコ」の再現もなかったし。

そう考えると「W杯出場は絶望的」な本気度の薄いチームとの一次予選から出発するアジア予選ってのは、監督を育てるのにちょうど良い構成になっているのかも知れない。

今の日本代表に望まれるのは久保の復帰と、4バック要員としてドゥトラの帰化かな。(笑)
ちなみに、うたた寝状態から目を覚ました瞬間にイランが追加点を入れやがった。
もしかしたら「お前は代表戦を見るな」っていうアラーの神からの思し召しなのかも知れない。

(3月28日訂正・三浦と対峙していたのはマハダビキアでしたな。)

« 京都議定書を批准しない国のモーターショー | トップページ | NYモーターショー2題 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/47427/3446140

この記事へのトラックバック一覧です: イラン戦雑感:

« 京都議定書を批准しない国のモーターショー | トップページ | NYモーターショー2題 »

2016年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

Googleサイト内検索

観戦、旅行、その他諸々

フォト