« 風邪で休む日本人は2人目 | トップページ | 日本で一番ソリッドな局 »

2005/03/21

嬉しさ半分フジテレビ

パナソニック・トヨタ・レーシング 参戦4年目 悲願の初表彰台獲得(トヨタF1公式サイト)

トヨタ初表彰台2位、優勝アロンソ/F1(日刊スポーツ)

レース結果を偶然放映前に目にしてしまったため、あんまり身が入らない観戦となった。
3連休の中日の深夜放送という、数字稼ぎには絶好の条件が整っていたにもかかわらず、琢磨に病欠されてしまったフジテレビにしてみれば、最悪の結果は逃れたということで少しは慰めになったかな。

ルノーがひたすら速い。
フィジケラはセットアップに失敗していたらしいが、それでも速い。
現時点では、ルノーが去年のフェラーリで、2番手グループがウイリアムズ、マクラーレン、トヨタ。
3番手グループからあわよくば、ってのがザウバー。
他はレースコースのラバーグリップこすりつけ要員。たまにオイルや部品を散らかすが。
しかし、ホンダ。姑息な手を使ってまで載せた真っさらのエンジンを2台揃って壊しているんだから世話無いな。
「東のエンジン屋」の名が泣く。

そしてトヨタがついに表彰台。
おこぼれを拾ったんじゃなく、堂々と競り合って奪った結果だけに価値がある。
通年で行うスポーツにありがちな「春の椿事」でないことを祈りたい。

あと、こんな悲惨な状況にもかかわらず、レースを投げないシューマッハ兄にも拍手を送りたいところだ。
どこのチームに行っても律儀にチームメイト(除ザナルディ)に負け続ける弟を見ていると、DNAと精神力ってのはあんまり関係ないのかも知れない。科学的に実証されているわけではないにしろ。

ところで、トヨタF1とトヨタ本体はファクトリーレベルではもちろん協力体制にあるが、現場レベルの交流は無きに等しい。
このことに対しては個人的に納得がいかなかったが、今日レースを見ながらふと、これでいいのか、と納得がいった。

少なくとも国内向けには「F1を生で知る人材」を必要としていないのだと思われる。
「モータースポーツ」がアイデンティティであり、そこで培われた人材を研究開発機関に回しているホンダやスバルとは、臨む姿勢が全く違うのだ。

悲しい事に我々モータースポーツファンは、日本においてはマイノリティでしかない。
トヨタびいきのモータースポーツファンが選ぶ現行車種はアルテッツァかMR-Sで、両方とも売れていない。
ナイジェル・マンセルが国民的英雄になったり、大新聞にレース結果が大きく載る国とは訳が違う。

そのことを良く心得ているトヨタだけに、F1参戦とは欧州に向けたアピールと割り切っているんだろう。
何でこれから欧州列強と本格的に戦闘態勢に入るレクサスでなくてトヨタで参戦なのかといえば、今更「レクサスはトヨタじゃない」とアピールするのは無理があるからで、トヨタグループ全体が「単なる安くて良いクルマを作るメーカーじゃないんです」というイメージを纏う必要があるからだろう。

じゃあ何でF1かと言えば、「世界最速量販車決定戦」であるWRCで勝利しても、勝利したクルマの「スポーツ度」は高まるが他のクルマへの波及効果は薄い。
スバルは車種が少ない上、主力車種のレガシィがインプレッサとほぼ同じメカニズムを使っているから例外的に波及効果はあるが、車種が多すぎてどれが主力かすら不明なトヨタでは無理がある。
更に、ある車種のスポーツ度が高まりすぎるとその車種はスポーティグレード以外売れなくなる、という弊害すらある。

F1は市販車と直接の関連はない。
少なくともF1と市販車を直結させているのは、ロータス撤退後はフェラーリしかない。
従って、F1感戦歴の長い方ならご存じだろうが、F1の成績とクルマの売り上げは必ずしも一致しない。
ルノーがクリオ(ルーテシア)・ウイリアムズ、という素晴らしいハンドリングマシンを出していたが、クリオ全体の売り上げに貢献したとは考えにくい。
F1で勝利する事によって獲得する「イメージ」はどれか1つの車種に対してではなく、グループ全体に波及するものであり、具体的な見返りは得られないが数字には表しにくい「潜在顧客の掘り起こし」に効果を発揮する、という事だ。
だから、目先の利益を追わざるを得なくなったフォードは撤退してしまった。

そんなわけで、トヨタにとって「高い車の売れる最後の未開拓地」欧州に向けて行われているのがトヨタF1ということだ。だから虎之助はシートを得られなかった。

ただ、個人的にまだ納得がいかないのは「種をまいたのはホンダだぞ」という事をプロジェクトXなんぞ見なくても知っているから。欧州ではホンダはその収穫を未だに得ていないし。

これ以降トヨタF1が勝利したとしたら、トヨタ関係者は本田宗一郎の墓前へ報告に向かうのがスジではないだろうか。偉大な先達に対する敬意の表れとして。

しかし国内のクルマ好き向けとして、下手するとF1より支持者が多いかもしれないD1用コースをFISCOに作っちゃうんだから、本当にトヨタって上手いよなあ。

« 風邪で休む日本人は2人目 | トップページ | 日本で一番ソリッドな局 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/47427/3375871

この記事へのトラックバック一覧です: 嬉しさ半分フジテレビ:

« 風邪で休む日本人は2人目 | トップページ | 日本で一番ソリッドな局 »

2016年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

Googleサイト内検索

観戦、旅行、その他諸々

フォト