フォト

Googleサイト内検索

無料ブログはココログ

« 21世紀の「カノッサの屈辱」 | トップページ | 出ていそうで出ていなかったアダプタ »

2005/02/27

ほりえもんキレる(生中継)

テレ東のワールド・ビジネス・サテライトにほりえもん生出演。

「と、このようにウェブで動画配信が出来るわけで。。。」
というほりえもんの説明に対し、コメンテーターの素朴な質問
「??? ニッポン放送はラジオ局ですよね?」

ここで突如ほりえもんキレる。
「あんた分かってない」という言い合いがしばらく続いたが、ほりえもんの言いたい事は「ニッポン放送はフジテレビの大株主でもあるんだから、そこを手に入れればフジの動画コンテンツに手が届く」ということだったらしい。
興奮しちゃったのか、この趣旨の前半部分で話が止まっちゃったけど。
ただ、「ニッポン放送の活性化」についての具体的な話は何も出てこなかったな。WBSの携帯アンケートでは支持率はライブドアが圧倒的だったけど、あの説明だけで支持してる訳じゃないだろう。。。と思う。

ほりえもんのやってることは、フジテレビの虚を突いたかも知れないが、国会まで巻き込むほどの深刻な事態を引き起こしているとも思えない。

「何でフジが話し合いのテーブルに着いてくれないのか分からない」
とここでも言っていたが、一番の問題は年上にタメ口を使いかけたりする「態度」かも知れませんな。

ところでここで「ネットを使って投票も出来て云々」なんてことを自慢げに言っていたが、それは「e-Japan重点計画・2004」にちゃんと推進項目として入ってます。
自分は仕事で読む羽目になったけれど、そんなに難しくも大量でもない文章なんだから、それくらい読んでくださいよ、コメンテーターの皆さん。

« 21世紀の「カノッサの屈辱」 | トップページ | 出ていそうで出ていなかったアダプタ »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ほりえもんキレる(生中継):

» 堀江貴文の病理5-----亡霊の記憶 [BigBan]
フジテレビの新株予約権発行は、商法上は限りなく違法に近い奇策だけれど、戦略として [続きを読む]

« 21世紀の「カノッサの屈辱」 | トップページ | 出ていそうで出ていなかったアダプタ »

2020年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31