« 海外には大晦日とか正月とか無いんだな | トップページ | スマトラ島沖地震救援金 »

2005/01/01

V東京vs磐田(TV観戦)

天皇杯サッカー結果 東京V2─1磐田(スポナビ)

去年の王座決定戦はナビスコもチャンピオンシップも、人数で不利になったチームが王座を勝ち取るという面白いジンクスがあったが、これが天皇杯まで続いてしまった。

山本監督になってから左サイドに回った西。
どう見ても好き勝手に動いているようにしか見えないのは面白い。
秩序の中の無秩序という事なのか。
単に切れ込んでシュートしてくれという指令が出ているのか。

後半に川口が本来の仕事場とは反対側の左サイドに入れられて、西が右に回った。
明らかに仕事のやりにくそうな川口と、のびのびと右サイドから切れ込んでくる西。
選手の扱われ方の差が大きすぎないか?

さて、ベテランの磐田vsフレッシュなV東京、という扱いをされた今回の決勝。
V東京のスタメンが現在のようになって以降の試合はG大阪戦くらいしか見ていないが、前半からぶんぶん飛ばし、後半残り15分くらいでバテる、という実に若々しい展開だった。
だから先取点が勝負の分け目と思っていたが、そこは中盤王国磐田。
同じポゼッション指向のチームを相手にすればまず負けない。
V東京も厳しく入っているものの、軽くいなされている感じで、「繋ぐ磐田を削るV東京」という図式が前半は続く。
となると、V東京の武器は平本、飯尾、相馬の足。
後ろで回してポンと縦に1本。そのボールめがけて俊足攻撃陣がすっ飛んでいく。
これが夕日に相対する形になった磐田守備陣には効いたようで、何回目かのファールから与えたセットプレーでV東京には絶対必要だった先取点を与えてしまう。

待望の先制点を得たV東京だったが、「これは勝負所」と判断した百戦錬磨の磐田イレブンが攻めのスピードを一気に上げる。
これで防戦一方となったV東京。
磐田の選手を削り倒してしまった結果、そこここでカードが乱れ飛び、前半残りわずかというところで、とうとう福西を倒した小林慶行が退場。
ただ、磐田の攻撃が今ひとつ怖くならない。
どうも西が自分の役目をどう判断していいのか分からないようで、サイドに流れたり内に切れ込んだりの動きが、前戦の前田やグラウと上手く噛み合わず、圧倒しているのに決定的チャンスはグラウ一人が頑張って作っているようにしか見えない。
そんなわけで点は取れなかった磐田だが、とりあえず「有利な状況に立つ」という成果は得た感じで前半が終了。

後半、「ゴンも入った事だし、さて攻め倒そうか」と相手の出方を見ようとしていた磐田DF陣に隙が出来たのか、平本お得意の「DFからかっさらう→ゴール!!!」が突如炸裂。
望外の追加点に大喜びのV東京。
ただし、当然ながらこれでキレた磐田の怒濤の反撃にさらされる羽目になる。
特に川口が左サイドを引き受けてくれた西が、前述のとおりのびのびと動いてチャンスを量産。更に、ゴンと福西の二人が頭でボールを落としまくるパワープレイ。
ここにV東京の「後半残り15分でバテる」が重なってしまい、完全に磐田の好き放題タイム。
さらに山本監督就任以後スーパーサブ扱いの藤田が投入されるが、なぜかここでグラウが引っ込む。上がるに上がれなくなった相馬のケアを律儀にしていた河本の変わりかと思ったんだけど。
結局磐田は攻めに徹しきれなかったということなのか、V東京が何とか失点を1に抑えて逃げ切った。

張り付く報道陣が草津よりも少なかった、という屈辱の準々決勝を経たV東京。
とうとう報道陣を独り占めに出来て、おめでとう。

磐田は「アジアへ出るから」崔と川口を獲得したはずなのに、どうするんだ、来年。生え抜きと外様のベテランがスーパーサブ扱いで最終的には勝負を決めるという、ゆがんだ世代交代に陥ってしまうんだろうか。

« 海外には大晦日とか正月とか無いんだな | トップページ | スマトラ島沖地震救援金 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/47427/2438179

この記事へのトラックバック一覧です: V東京vs磐田(TV観戦):

« 海外には大晦日とか正月とか無いんだな | トップページ | スマトラ島沖地震救援金 »

2016年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

Googleサイト内検索

観戦、旅行、その他諸々

フォト