« スマトラ島沖地震救援金 | トップページ | 正月番組雑感 »

2005/01/03

レクサスのミッション・インポッシブル

【2005年高級車ウォーズ】トヨタ「レクサス」日本上陸で始まる(Response)

今でもたまに「右ハンドルのレクサス」を見かける事はあるが、本物の「右ハンドル仕様」は今年の8月に日本に逆上陸する。
トヨタのメンツをかけた大勝負なのは分かるが、個人的に興味があるのは「今更アルテッツァを高級車として売れるのか」という点。

「バキバキにカスタムされた個体がお買い得品として中古車屋に並ぶ」というシチュエーションがもっとも似合うトヨタ車・アルテッツァ。

レクサスのウリは「手厚いアフターサポート」なんだろうが、今現在アルテッツァを買うお客様達が「ディーラーのサポート」を求めているとはとても思えない。オフィシャルのサポートならTRDにサポートして欲しいお客様ばかりだろう。この方々はトヨタの想定するレクサスの客層と合致するんだろうか?

もちろんバッジだけ付け替えて「今日からレクサスIS200なのでプラス100万円です」なんて事はないだろう。
当然、内装や外装を色々いじってくるんだろうが、それだけでプレミアム化するのは難しい。何か奥の手を持っているんだろうか。
その奥の手で見事アルテッツァをプレミアムカーとして世間に認知させることができたら、「さすがトヨタ」と唸るしかない。

レクサス展開に注目しているのはそこだけ。セルシオやソアラは今でもプレミアムカーだし。
個人的にはアルテッツァよりもMR-Sの方が似合う気がするけど。値段的にも。

ちなみにレクサスはイギリスにもディーラー網を展開しているので、「右ハンドルのレクサス」というのは既にある。
インフィニティは「右ハンドル」の国にはまだ展開していないので、見かけたら温かく見守ってあげよう。

« スマトラ島沖地震救援金 | トップページ | 正月番組雑感 »

コメント

ISは、もともとレクサス用の物ではなかった車種を、レクサス用に転用したといわれています。
生産工場も、現行ISは関東自動車。
他はトヨタ車体(旧アラコ)のLXを除けば、トヨタ直系の工場ばかりですし。
最初ESが出るまでは、カムリのバッジのみを付け替えて対応していたこともあるので、これのように次はトヨタ直系工場に移行するのではないでしょうか?

コメントどうもです。
生産工場が変わっても、現在のアルテッツァが持つイメージを変えるのは難しいでしょうね。
今のカムリはES(ウインダム)のバッジを付け替えてるんですかね。それとも逆かな。発売はESの方が先だったような。
ところで、レクサスのホームページに掲載されているクルマのイメージ写真は芸が細かいですね。ESの場合は港のヨットが風に揺られてカモメが飛んで行くところが動いてます。

現行北米カムリは、国内で販売しているカムリそのものです。
カムリは北米でも生産されているようですが、ES(ウィンダム)は、日本国内生産のみです。
書いててややこしいですね (^_^;
次期ISはアルテッツァのイメージを完全に捨てて、チューニングユーザーは完全に無視する方向になるのではないでしょうか。
レクサスのHP、確かに芸細かいですね。
でも、ヨットは気づきませんでした (^_^;

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/47427/2458973

この記事へのトラックバック一覧です: レクサスのミッション・インポッシブル:

« スマトラ島沖地震救援金 | トップページ | 正月番組雑感 »

2016年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

Googleサイト内検索

観戦、旅行、その他諸々

フォト