« 本当の親善試合 | トップページ | 浦和vsF東京(TV観戦) »

2004/12/19

V東京vs草津(TV観戦)

ザスパ草津試合結果(ザスパ草津公式サイト)

ドロドロの降格争いで天皇杯どころではなかったC大阪。
大幅に入れ替わったメンバーで奥やドゥトラの思ったところに人が入ってくれなかった横浜。
といった状況を考えると、草津としてはクラブ史上初めてベストメンバーのJ1クラブと相対することとなったV東京戦。

開始前にピッチに選手が並んだシーンでは、明らかに草津の方にカメラマンが集まっていて、これがV東京側に更なる奮起を促したのではないかと思われる。

そんなわけでやる気満々のV東京。
開始直後に草津DF陣の虚を突いた感じで平本がPA内に進入。
慌てた草津DFが倒してしまいPK。
これはレベル差云々というよりも、経験の差と言うべきか。
普段からリーグ戦でV東京と対戦しているチームなら真っ先に注意する危険なポイントを抑えていなかった、ということだろう。

その後は試合は完全にV東京ペースで展開。
早い得点でV東京が落ち着いたこともあるが、前回の横浜戦で草津が見せた、開き直った中盤の削り倒しが見られなかったせいもある。
前回は、ただでさえ連携に難の見られた横浜に対し、登録上はFWの選手も実質MFとして振る舞う1トップ6MFとして徹底的に中盤でのパス回しを潰して回ったことからチャンスを生んだが、今回は3バックの1角籾谷が出場できないという理由から4バック。しかも2トップのFWが2人ともFWとして振る舞ってしまうため、フォーメーション図どおりの4MF。

ただでさえポゼッション指向の強いJ1クラブ・V東京に対して同じ人数のMFで対抗しようとするのは、選手のレベルを考えればやはり無理がある。
その上、横浜の総力戦で疲れも残っていただろう。
スピードに優れる相馬、平本を全く止められず、中盤パス回しにはついて行けず、FWは完全に孤立。
時たまロングボールが入っても、フォローが全くないままに潰される。

対するV東京は得点後明らかにスピードダウン。
両小林がゴール前に顔を出すことはほとんど無く、ひたすらボールを回すだけ。
ボールを前に運ぶのはほとんど相馬が行っていたが、「これなら無理しなくてもイケる」ということが分かったからだろう。
その後セットプレーでV東京が追加点。

完全に手詰まりのまま後半を迎えた草津。
ここで3バックに戻し、両サイドバックを中盤に上げて中盤を厚くする。
これである程度中盤プレスが効くようになり、やっと互角の試合展開になり始める。
ただ、これはV東京ががむしゃらに攻めることをしなかったためでもあり、パス回しにも無理なチャレンジは無く、草津のプレスをいなす感じで試合は進む。
草津が前掛かりの中、まさに注文どおりという感じでDFの裏を付いた平本にパスが渡りV東京が試合を決める追加点。

東京の攻めは更にスローダウンし、相馬にもたまにしかボールが渡らなくなる。
一方の草津はやはり、肝心なところでのプレー精度や、速度、ボールキープなどに差があり、攻め続けながらゴール前での危険なプレーは単発といった具合。

結局、V東京が「普通のJ1クラブのレベル」を見せつけた感じで完勝。
疲労と選手不足に悩まされた草津が普通にベストメンバーのV東京に勝てる望みは元々薄かったが、前回の横浜戦、今回の後半の戦いぶりには可能性が伺えた。

相手より厚い中盤は相手を削る場所で、攻撃はロングボールの「部活サッカー」。
来年はそれで行くしかないだろう、という可能性が。

というわけで、監督も退任することだし、来年の新監督は「フィジカル指向」、選手は「フィジカル指向の兵隊」をキーワードに集めるといいと思う。

しかし飯尾のシュートは入らんな。

« 本当の親善試合 | トップページ | 浦和vsF東京(TV観戦) »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/47427/2315328

この記事へのトラックバック一覧です: V東京vs草津(TV観戦):

« 本当の親善試合 | トップページ | 浦和vsF東京(TV観戦) »

2016年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

Googleサイト内検索

観戦、旅行、その他諸々

フォト