« で、明神は? | トップページ | あとは栃木だけか。 »

2004/12/05

横浜vs浦和(TV観戦)

2004 サントリーチャンピオンシップ第1戦 結果(J's GOAL)

サッカー関連ラストシリーズ第1弾。
第2弾はもちろんトヨタカップ。

前半はのっぴきならない事情によりパス。
後半戦だけの観戦。

クルマ好きの視点から見ると「日産対三菱」。
日産が三菱を吸収してしまうかも知れない、というニュースが流れる昨今としては、本業で日産に適う可能性がほぼ無くなった三菱の、意地の一矢を見てみたい気にもさせられる1戦。
来年から胸スポンサーで無くなるわけだし、チャンピオンシップも無くなるし、これが最後のチャンス。

山瀬がいなくなってからの浦和で顕著になったのが「ボール運びはサイドから」。
だから、サイドを抑えられるとボール回しがかなりぎくしゃくする。

で、今回岡田監督は三都主と永井に、本職SBの田中隼とドゥトラをぶつけてきた。
両チームがサイドに求めるものの違いがよく現れているようで面白い。

当然ながらDFの動きも対照的な両チーム。
エメルソンの動きに合わせ、細かくラインを修正する横浜に比べると、浦和はかなりの無手勝流に見える。

田中隼には対三都主だけでなく、左に流れる癖のあるエメルソンを中澤、上野辺りと潰すという仕事も任されていたようで、実際こなしていたが、ドゥトラは基本的に永井を潰していた。
なんでか、というとリーグ後半から不調だった田中達が復調していないから。

サイドは抑えられ、パートナーが不調。
如何にエメルソンといえども好調な中澤と松田を一人で出し抜くのは難しい。

さらに浦和側の問題として、横浜の両サイド、特にドゥトラは攻撃力にも大変なものがあるということで、案の定永井は明らかに対応に苦慮。
田中隼も自分の仕事をよく心得ているようで、奥辺りがボールを持つと「それっ」という感じで躊躇無く上がっていく。
その結果、
「ドゥトラが上がる」→「浦和が2人か3人がかりで潰そうと頑張る」
「田中隼が上がる」→「同上」
というシーンが続出。
中盤守備の要、鈴木啓だけでなく、長谷部も山田もサイドのケアに引っ張られ、奥に自陣を闊歩される状況を止められない。
奥を自由にしてしまっては、横浜中盤のボール回しが洗練されてしまうのは自明の理。
闘莉王もアルパイも中盤がこれでは、苛ついても上がっていくわけにはいかないだろう。

とはいうものの、最後の最後で横浜の泣き所「FW不足」が露呈。
カルロス・ゴーンに気に入られていようとも、坂田は坂田、清水は清水。
闘莉王とアルパイが抜群の身体能力で何とか出来てしまうレベルのFWから脱していない。
あれだけチャンスを作っておきながら、実際にはセットプレーでFWではなくDFの河合が1点を叩き込むのが精一杯。
逆に言うと、久保かアンが無事であれば浦和の息の根は止まっていた可能性も高いので、まだ浦和にはツキが残っているのかも知れない。

横浜は第2戦ではユが復帰するらしいが、今日の出来の田中隼を外すくらいなら、ベンチスタートでもいいような気がする。。。あ、もしかしてFWとして使うのか?
浦和はサイドを何とかするしない以前に、田中達の復調が望まれる。
相手が田中達を抑えきれなければ、自然にサイドの自由も増すはずだから。

それと、TBSのカメラワークは全然ダメですな。
やっぱり普段から中継しているだけあって、BS1のほうが遙かに全体の戦況などを把握しやすい映像を流してくれた。

« で、明神は? | トップページ | あとは栃木だけか。 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/47427/2164843

この記事へのトラックバック一覧です: 横浜vs浦和(TV観戦):

« で、明神は? | トップページ | あとは栃木だけか。 »

2016年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

Googleサイト内検索

観戦、旅行、その他諸々

フォト