« V東京vs草津(TV観戦) | トップページ | 鹿島vsG大阪(TV観戦) »

2004/12/19

浦和vsF東京(TV観戦)

試合速報(浦和レッズ公式ウェブサイト)

「遺恨試合」という言葉には萎えるものがある。
カネを払ってまで大人の喧嘩なんか見たくない、てなもんか。

実際にはこのカード、闘莉王以外は特に熱くなる選手もいないので、選手自身はそこまで意識していないんだろう。

浦和は守備面で多少の修正を施しており、左の平川をある程度バックラインまで下げさせることでかなり露骨に石川対策としていた。

にも関わらず、前半はほとんど予定調和の世界。
分厚く攻める浦和と分厚く守るF東京。
F東京のチャンスは石川の突破からで、平川はあんまり役に立ってるとは言えなかった。
後半に入っても図式は変わらず、しかも石川にやられるというところまで予定調和となると思わず笑いも出てしまう。

とはいうものの、浦和はエメルソンがいないからでもないだろうが、役割分担がこれまでになくはっきりしており、真ん中のプレーメーカーが長谷部で、右サイドのチャンスメーカーが永井。
大きなサイドチェンジでF東京の守備陣を振り回す、というこれまでやってそうでやってなかったプレーにしても、サイドチェンジの行き着く先は永井だったりする。

2得点はこの2人のどちらかか、どちらともかが絡んでいて、これが自然発生的に生まれた役割分担でなければまさに狙いどおりの得点。
攻め方のスタイリッシュ度ではリーグ終盤戦を上回っている感じで、上がりたがりのアルパイが永井のフォローをないがしろにしなければ、あっさり優勝してしまいそう。

しかし久々に得点を決めた田中達が試合終了時でも、妙に暗い顔をしていたのはなぜだろう。

« V東京vs草津(TV観戦) | トップページ | 鹿島vsG大阪(TV観戦) »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/47427/2316096

この記事へのトラックバック一覧です: 浦和vsF東京(TV観戦):

« V東京vs草津(TV観戦) | トップページ | 鹿島vsG大阪(TV観戦) »

2016年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

Googleサイト内検索

観戦、旅行、その他諸々

フォト