« スペインではMacがメジャーなのか? | トップページ | 女は舞台で踊り続けるべきで、 »

2004/12/25

天皇杯準決勝(TV観戦)

磐田と東京V決勝へ 浦和またもタイトル逃す(スポナビ)

東京VvsG大阪
今の東京Vのサッカーは
「アルゼンチンとブラジルの融合」
なんて知ったかぶった妄想をしたくなる目に楽しいサッカー。
個人的には中盤守備に「次に繋ぐために奪う」という思想が見えるので、見ていて気持ちいい。

今日の試合展開はセカンドステージの再現テープのよう。
前戦からの波状プレスがG大阪のパス回しを寸断。
G大阪のサイド背後のスペースを相馬が使い放題。
ミスを見逃さなかった平本がDFからボールを奪う。
3点獲られてパワープレイに向かったG大阪がセットプレイから1点返す、等々。

違いは主にG大阪側にあり、宮本の登場時間(今回は後半引っ込んだ)、大黒が居なかった(だから1点止まりか?)、なんでそうなるのかよく分からないフォーメーション、といったところか。
覚えておいても役には立たないだろうけど。

浦和vs磐田
トーナメントが進むに連れて段々と主要選手が居なくなっていった浦和と、揃ってきた磐田。
そういう風に見れば、今回は磐田のメンバーの総合力が浦和のメンバーの総合力を少し上回った瞬間に当たった試合だったのかも知れない。
ただ、主要選手がいないのは分かるけれど、浦和はフォーメーションをいじりすぎると思う。
前回上手くいったように見えたフォーメーションを今回あっさり変えてたし。
あれだけの選手が居るんだから、相手に合わせることもないと思うんだけど。

まあ、今年最後のJのゴールがゴンゴールだったというのも乙なものか。役者だなあ。

« スペインではMacがメジャーなのか? | トップページ | 女は舞台で踊り続けるべきで、 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/47427/2374042

この記事へのトラックバック一覧です: 天皇杯準決勝(TV観戦):

« スペインではMacがメジャーなのか? | トップページ | 女は舞台で踊り続けるべきで、 »

2016年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

Googleサイト内検索

観戦、旅行、その他諸々

フォト