« 鹿島vsG大阪(TV観戦) | トップページ | エンブレムのないクルマ達 »

2004/12/21

エバンジェリストは死語か。

『iPod』ファンが自主制作したCM、ウェブで話題に(HotWired Japan)

ちょい前の話題。

このCMの作者は、BGMにも使用しているThe Darling Budsの「Tiny Machine」という曲を耳にしたときに「これはiPodのことだなあ」とインスピレーションが湧いて、この作品を作り上げたのだという。

他の企業CMのように必要に迫られてイメージを作ったのではなく、自分がいいと感じたものを組み合わせて作った点で「アート」と呼んで差し支えないと思うが、商品と自己表現がダイレクトに結びつく点がアメリカのアートという感じがして面白い。
そういう意味ではウォーホルのキャンベルスープ缶やコーラ瓶に連なる系譜の作品かも知れないが、無意識にiPodを選んだということが、より現代的ということなんだろう。

ところで、Macユーザーの間でも、特に熱心に周りにMacを勧めまくる人を「エバンジェリスト」と呼んだりしたが、今も通じる言葉だろうか。
この作者は「iPodエバンジェリスト」の仲間入りを果たしている筈だが、記事中にはこの言葉は一つも出てこない。
やっぱり、もう死語なんだろうな。

« 鹿島vsG大阪(TV観戦) | トップページ | エンブレムのないクルマ達 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/47427/2334125

この記事へのトラックバック一覧です: エバンジェリストは死語か。:

« 鹿島vsG大阪(TV観戦) | トップページ | エンブレムのないクルマ達 »

2016年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

Googleサイト内検索

観戦、旅行、その他諸々

フォト