« アヘン戦争から160年 | トップページ | アジアGP(仮称)開催地最有力候補 »

2004/11/23

柏vs浦和(TV観戦)

柏は前回リカルジーニョがちょっと登場していたというので期待していたが、ベンチにも入っていなかった。まだダメか。

柏はそのリカルジーニョを除けばベストメンバーだが、なぜか市原、横浜FMを苦しめた中盤プレスが明らかに甘くなっていた。

対する浦和はフレッシュな控えメンバー中心の構成が逆に功を奏して、最近影を潜めていた前線からのプレスが復活。優勝のプレッシャーが消えたのも良かったんだろう。しかしスタメンに岡野の名前を見るなんて久々。

その岡野に相対する柏の左サイドが中央から左遷された大野。守備なんて考えていない彼のお陰で岡野はサイドバックの位置から前線まで走り回る大活躍。

岡野が右サイドに入った代わりに、永井は3トップの真ん中へ。
普通の3トップの真ん中はトップに張り続けるのが仕事だと思うが、永井の場合はFWが3人並んでいるところにボールが来た場合、わざわざ下がってボールを受けていたから事実上のトップ下だったんだと思う。
ただやっぱり右に流れて岡野からのボールを受けることの方が多かったけど。
もちろん柏左サイドの守備が事実上崩壊していたから、というのもある。

前半はそれでも浦和FWの不調に助けられ1点に抑えてはいたものの、これじゃ柏が勝てるわけないなあ、と思っていた後半、エメルソンが右サイドへ抜け出して、角度のないところから見事なシュートで追加点。
まさに「ゴールの愉悦」とでも表したくなる見事なシュートだった。

これで突如復調したエメルソンが柏の緩いマークのお陰もあって敵陣内を蹂躙し始める。
下がってボールを受けると見事なつなぎを見せ、前戦でボールを受ければ躊躇無く抜けだし、相手DFが隙を見せればミドルシュートを狙う。
そして柏のDFリーダー永田がそのエメルソンから出たボールを手で止めてしまい退場。これで柏の守備は崩壊。
パラシオス、波戸、近藤は局面局面では頑張るものの、それをフォローしたり奪ったボールを次に繋げたりが出来ない。

早野監督は「せめて1点」と選手を鼓舞していたらしいが、逆にこれでエメルソンが好き勝手に動けるスペースを与えることになってしまい、まさしくシュート練習状態。

3点目を決めて以降は浦和も鈴木OUT、岡野OUTと「若手育成モード」に突入してしまい、見るべきものはほとんど無くなってしまった。

やっぱり今の柏は大野という王様プレーヤーを使える余裕はないんだなあ。
永田が退場したら交替させられてたし。
柏の攻撃は大野は関係なくて主に玉田と山下のコンビネーションによるもの。
これが結構怖いんだけど、あの中盤守備はどこ行っちゃったんだろう。
せっかく攻撃がそれなりになったのに。

しかし山下の降格争いはこれで3チーム連続。
評価は高いが運がない。今日も「ああ、そのループが逆に曲がっていれば」というシーンがいくつかあった。
ということはつまり、玉田、山下だけでも充分相手チームに怖い思いをさせられるだけのポテンシャルを秘めている、ということ。
柏が降格しちゃったら、安が壊れた横浜FMあたりが買ってやらないか、この2人。
で、久保の控えとしてチョ・ジェジンを清水から、あるいはチェ・ヨンスを昇格に失敗した京都からぶんどる、と。

« アヘン戦争から160年 | トップページ | アジアGP(仮称)開催地最有力候補 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/47427/2043386

この記事へのトラックバック一覧です: 柏vs浦和(TV観戦):

« アヘン戦争から160年 | トップページ | アジアGP(仮称)開催地最有力候補 »

2016年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

Googleサイト内検索

観戦、旅行、その他諸々

フォト