« オウムよりつまらない話し相手 | トップページ | 陥落したのはどちら? »

2004/11/17

24年目の再結成

LeMans:アストンマーチン、2005年参戦へ(@nifty モータースポーツ)

アストン・マーチン、DBR9を発表(Crash.Net Japan)

ターナー:「アストン・マーチンは大きなポテンシャルを持っている」(Crash.Net Japan)

懐かしいブランドルとブランデルコンビの復活。
故ブラバムでコンビを組んでいた頃は、フジの放送で漫才コンビ並の同列扱いをされていた。

しかし、その後のブランデルはティレルで右京よりも遅いところを見せてしまい、方やブランドルはベネトンでシューマッハ兄と僅差で争い、ジョーダンではバリッチェロを子供扱いしてチームの実権を握ってしまうのであった。

だから、ブランドルを物差しにするとシューマッハ兄とバリッチェロの差がいかに大きいかが分かるという次第。

ちなみにこのクルマの車生としては
「セブリング、ル・マン、ニュルブルクリンクの間を何度か回った後に、郷和道が買う」
ということでよろしいか?

« オウムよりつまらない話し相手 | トップページ | 陥落したのはどちら? »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/47427/1973655

この記事へのトラックバック一覧です: 24年目の再結成:

« オウムよりつまらない話し相手 | トップページ | 陥落したのはどちら? »

2016年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

Googleサイト内検索

観戦、旅行、その他諸々

フォト