« ふさわしい場所 | トップページ | フォード:年末大バーゲンは中止となりました »

2004/11/03

ナビスコ杯:F東京vs浦和(TV観戦)

ジャーンの涙に始まり、土肥の涙で終わったナビスコ決勝。
おめでとうFC東京。

浦和はリーグ戦でF東京に負けてはいるが、そのときはベストメンバーでなかっただけでなく、ウイングとしての役割を期待されていた永井と三都主がウイングバックとして振る舞ってしまい、孤立したエメルソンをジャーンと茂庭が潰しているうちにルーカスの狙ったとは思えないヘディングが決まってしまった、というものだった。

浦和後半の怒濤の反撃を考えれば、ほぼベストメンバーの浦和が今回はF東京をタコ殴りにしてもおかしくないと考えながら観戦。

前半20分過ぎ、号泣するジャーンが大写しになる。
2枚目イエローで退場を喰らったためだが、これでますます浦和の優勝は堅いな、と思わされた。
ところが試合は意外な方向に展開し始める。

エンゲルスが構築するフォーメーションは両サイドに攻撃的な選手を置くため、中盤の密度が下がるが、そこはDFが高くラインを保つことでフォローする、というもので、京都では意識的にこれを行っていたし、怪我や代表でこのライン取りを行う人員がいなくなると同時に守備が崩壊してしまった。

浦和では、アルパイ、闘莉王、ネネという攻撃指向の強いDFが揃ったためにたまたまラインが高くなるが、基本的に京都時代ほど意識的にラインを上げているわけではないように見える。
確かに、京都よりも格段に強力なDF陣は、裏を取られても中盤を破られて1対1になっても、高い身体能力と技術で何とかしてしまうので、薄い中盤が「弱点」となることは無いように思えた。ブッフバルトがそこまで選手に求めてはいないだけかも知れないけれど。

ところが、この大一番でその薄い中盤守備が初めて「弱点」となってしまう。

ルーカス、戸田、石川の「ウチらこれでメシ食ってます」と言わんばかりの裏取りが浦和DF陣を自然に低い位置まで下げてしまい、これで本格的にスカスカになってしまった中盤真ん中では長谷部、山田が守備に追われて上がれず繋げられず、ロングボールを放り込んでもこぼれ球を拾いに行けず、更に浦和左サイドの三都主は、ボールが絡めば石川、加地に突っかかるくらいはするが、この2人のオーバーラップを抑えるまではしてくれないので、三都主サイドから破られ放題。

ハーフタイムで原監督は「相手はカウンターしかないぞ! それだけ注意しろ!」と選手を鼓舞したそうだが、確かに浦和中盤はパスでボールを前に運ぶ、という仕事が出来ていなかったから、相手を見くびったと言うよりも現状を把握したコメントといえるだろう。

とはいうものの、東京が席巻したのはゴール近辺まで。
何度かゴール前を恐慌に陥れたことはあったものの、いずれもセットプレーがらみで、流れの中からゴール前ともなると浦和DF陣には適わない。
多分、今のレアル・マドリーより強いよな、この3人に限れば。

後半、延長戦と時間が進むにつれてルーカス、戸田の足も止まってしまう。
「ライン破り」という武器がなくなれば、他に際だった攻め手の無いF東京。
あとは浦和の天下。ところがこれが決まらない。

茂庭、藤山、金沢、今野が繰り出すクレバーな守備の功績は当然として、特に土肥。
どうやらレフ・ヤシン(サッカー名選手館)ゴードン・バンクス(サッカー名選手館)級のGK神が本人だけでなくゴールポストにまで舞い降りてしまったようで、どフリーになってもGKとの1対1になっても、浦和のシュートがゴールに向かって飛んでくれない。

永井は割とゴール前で失敗することが多いので分からなくもないが、エメルソンや田中のシュートまでが外れてしまうというのはどういうことか。

こうなってしまうと戦術がどうのこうの言うよりも、単純に浦和にツキが巡ってこなかった、としか言い様がない。
こういう場合、PK戦はツキがないチームにとって悲しい結果に終わることが多いが、浦和もその例に漏れなかった。

ところで原監督は意識的に相手の弱点を見つけて、そこを突いたんだろうか?
それともF東京のサッカーが浦和とは相性の良いサッカーなんだろうか?
他のチームを相手にしても特にF東京のサッカーが変わることはないので、後者のような気がする。
浦和はリーグでのF東京戦で後半、山田をDFラインに入れた4バックのフォーメーションに変えたらF東京が手も足も出なくなっていた。
その方向で試合を進めるかと思ったんだけど、あれはたまたま、という結論だったんだろうか。

« ふさわしい場所 | トップページ | フォード:年末大バーゲンは中止となりました »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/47427/1855228

この記事へのトラックバック一覧です: ナビスコ杯:F東京vs浦和(TV観戦):

« ふさわしい場所 | トップページ | フォード:年末大バーゲンは中止となりました »

2016年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

Googleサイト内検索

観戦、旅行、その他諸々

フォト