« 1番手だけど2番手 | トップページ | まだまだ現場派 »

2004/10/31

東京Vvs磐田(TV観戦)

東京Vのサッカーはハマると面白い。
プレスをかけて相手のパスワークを寸断。
奪ったボールは中央で細かく繋いで、特に山田辺りに渡るとアイデア満載の一発パスが出てくる。
平野、相馬とスピードのあるサイドハーフを擁しているので、中央だけでなくサイドに振ってもグラウンダーのクロスやドリブルでの斬り込みがあり、攻撃パターンが多彩。

ただし、全員プレスの代償として後半になると運動量ががくりと落ちて、そうなると山田が消えてしまい、サイドの突破以外は手詰まりになる、という欠点があるので、先制点が命。

今回もその流れどおりの試合展開。

磐田はセカンドステージから選手の顔ぶれが大幅に変わってしまったので、全盛期にみられた全員が細胞のように連動するチームワークは望むべくもない。

前半は完全に東京Vのもの。
細かいパスワークとスピーディなサイドアタックを絡めた目に楽しい攻撃サッカーを堪能させてくれた。

ところがゴール前ではなぜか安全策を採って強引なシュートというのが無い。
楽しいサッカーへの報酬を受け取らないうちに、「全員プレス」のもう一つの代償として現れる自陣の広大なスペースを使われてしまい失点。

ここでアシストした太田は、スピードはあるがボール保持力と守備力ってのはあまり無いようで、典型的な「使われる」選手。
そのためサイド攻防戦では相馬に手を焼いていたが、そういう選手を見事に使ってみせるのが磐田選手の老獪さ。背骨となるベテランが残っているだけはある。12位のチームとはとても思えないな。

2点目も再生ビデオを見ているようだったが、これは東京Vのサッカーにはどうしても出てくる欠点を使われているということで、東京Vがこのサッカーを続ける以上、この手の失点は仕方がないと割り切るしかないだろう。

その分点を取ればいいんだが、「あとは押し込むだけ」という決定的な場面ですらボールがゴールに飛んでくれない。
最近のパターンで平本に変えて森本、平野に変えてウーゴが投入されたが、森本は疲れたチームを活性化するタイプの選手じゃないし、ウーゴにはそこはかとなくそんな香りがするが、周りとの連携が悪く、反応が半歩遅いか早い。

結局森本が1点返しただけで終わったが、東京Vが面白いサッカーを展開していることに間違いはない。
1度や2度の敗戦で方向転換して欲しくないな。

磐田は2点取った後は店じまいとばかりに、ひたすら相手の横パスを寸断していたが、この老獪さも一つの武器。願わくば若手選手が「老獪さ」だけを学ばなければいいんだけど。

さて、磐田の監督交代。
現監督の鈴木一政さんはハーフタイムコメントで「磐田のサッカー」を理路整然と語り、ピッチで実践もできるというかなりハイレベルな監督。
監督としては若手しか指導したことのない山本監督だけに、磐田の財産「サッカーをよく知るベテラン」の活用が鍵となるんだろう。
ただ、変な小手先技を使ってしまうと、前監督のすばらしさも知っている選手達が一気に離れていきそうな不安は残る。

ところで磐田フロントは「結果」と「世代交代」のどちらに重点を置いているのかな。
まあ、「結果」だから山本監督が記者会見で「世界を目指す」なんて発言をするのを認めたんだろうけど。
それとも「世界を目指すのはもう少し先」ってちゃんと釘を刺してあるんだろうか。

« 1番手だけど2番手 | トップページ | まだまだ現場派 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/47427/1814160

この記事へのトラックバック一覧です: 東京Vvs磐田(TV観戦):

« 1番手だけど2番手 | トップページ | まだまだ現場派 »

2016年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

Googleサイト内検索

観戦、旅行、その他諸々

フォト