« 清水vs磐田(TV観戦) | トップページ | 男は顔でも体型でもない »

2004/10/03

横浜vs柏(TV観戦)

羽地のワントップってのはどうなんだろう。
ボール保持力があるようには見えないが。

名古屋で復活した(しつこいな)と言われる大野にまた注目。
対する横浜の同じ14番で似たようなポジションの奥がゆらりと前線に顔を出したり、ふらりとサイドの深いところに登場しているのに比べて、大野はあまり前へ行かない。行くときは大抵ゴール前でクロスを待っている。
ただ、前線には行かないけれど、低い位置ではよくボールを貰っているので、イメージとしては清水の伊東とか市原の阿部といったところなんだろうか。しかし、この2人と比べると守備をしていないな。

だから、大野から出るパスはチャンスメイクというよりも、チャンスの2つ前くらいメイク。PA付近で危ないパスを出すのは玉田か明神だったりする。
明神が何気にこんな高い場所に進出できるのは、中盤守備がしっかりしていることの表れではあるものの、それなら大野はもっと高いところにどんどん顔を出さないと。ホントに最後のチャンスメイクは玉田の仕事、と思っているのだろうか。
後半、横浜に押し込まれてしまったら交替させられたが「局面打開のパスは滅多に出ない上、守備もしないんじゃ、このままいさせてもしようがない」ってことだったんだろうな。

横浜は中澤、松田、中西というマッチョマンを並べた3バックの守備力を担保に地味なゲームを展開。
あれだけ金をかけて選手を集めたのに、攻撃のキーマンの替えは効かないようで、これは岡田監督の限界? それともあれだけキーマンを欠きながらこの順位にいるってことを褒めるべきか。
前半は前戦の市原がやられた柏中盤鬼プレスの前にミス連発で全くパスが繋がらなかったが、柏の動きが落ちた後半あたりから一気に攻勢。
しかし、どうしても点が欲しい時に岡田監督がたまにやる「絢爛豪華な攻撃采配」が炸裂してしまい、一気にバランスが崩れて玉田にゴールを決められた。

しかし柏。大野と玉田の絡みが相変わらず無いのがもったいない。
中盤守備が生きてきているので、今のままでも何とかなるけれど、玉田が怪我でもしたら相手ゴールを脅かす回数が半分以下になるだろうな。

ちなみに横浜、次節の浦和戦では松田と那須が出場停止。
エメルソン、田中達vs栗原じゃあなあ。
浦和にはツキも回ってきたようだ。

« 清水vs磐田(TV観戦) | トップページ | 男は顔でも体型でもない »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/47427/1582722

この記事へのトラックバック一覧です: 横浜vs柏(TV観戦):

« 清水vs磐田(TV観戦) | トップページ | 男は顔でも体型でもない »

2016年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

Googleサイト内検索

観戦、旅行、その他諸々

フォト