« 無念 | トップページ | ラリージャパン公式DVD »

2004/10/31

市原vsG大阪(TV観戦)

浦和への追撃権を奪い合う大一番。。。なんだけど両チームともすでに浦和には負けているので、あんまりそんな気がしない。

天皇賞秋を横目に見ながらの観戦だったので、羽生のゴールを見逃してしまった。そのうえ馬券も外れた。二兎追うものは。。。

前半のG大阪は市原の両サイド対応のためか4バック。
試合が始まってみると、密度の低い中盤では遠藤が守備に追われ、フェルナンジーニョが早めに潰されるなどいいところなし。
4バック守備時の約束事も選手間には浸透していなかったようで、羽生にかき回され、佐藤、阿部の前線進出を許してしまい、市原両サイドを止めることも出来ない。
明らかにショット・オン・ゴールではなかった巻のシュートを、慌てた宮本が自ゴールに蹴りこんでしまったのも、守備陣の連携が上手くいっていなかったからだろう。

守備はホントに練習してきたのか、と聞きたくなるような出来ばえではあったものの、大黒と二川の単発抜けだしで市原守備陣に充分怖い思いをさせていた攻撃陣は流石。

後半、G大阪がいつものフォーメーションに戻したら遠藤とフェルナンジーニョが躍動し始め、市原を圧倒。最初からこうすれば良かったのに。

この小手先対応、何か既視感があるな。あ、アテネ五輪か。

G大阪左サイドからの攻撃に対し、若手の水本、水野では対応しきれず、まさしく蹂躙。そうすると市原左サイドの村井も上がるに上がれなくなって、完全にハーフコートマッチ。
同点に追いつかれるのも納得。それどころかG大阪が逆転して当然の流れだったが、ミリノビッチと櫛野が踏ん張りぎりぎりのところではじき返す。

ここで市原サポーターが涙したであろうポイントが訪れる。
選手交替。
G大阪は宮本に替えて攻撃を強化するべく松波。さらに右サイドを活性化するべく大黒に替えて森岡。さらに電柱が松波1本では足りないと見えて中山を投入。
対して市原は、水野に替えて楽山、まあこれはいい。しかし羽生に替えて要田が登場したときは流石に同情の涙を禁じ得なかった。加入して1週間も経っていない選手を大一番で使わざるを得ないとは。
来年「もう貧乏は嫌だ」とオシムが逃げても文句は言えないな。

しかし最後には「サイドから放り込むが、真ん中からの突破はない」西野采配(パワープレー編)が逆効果。
スカスカになった中盤では市原MFを止める人間がいなくなり、市原怒濤の反撃を許すことになってしまう。。。。控えに代表候補を置いていながら、どうしてこうなるんだろうなあ。

結局お互いに「大一番に弱い」という体質がそのまま出てしまったのか「あとは触るだけ」というボールに触る人間がおらず、揃って討ち死。
浦和の優勝はこれで確定と見ていいだろう。
本当は新潟に優勝して欲しいが。

« 無念 | トップページ | ラリージャパン公式DVD »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/47427/1820671

この記事へのトラックバック一覧です: 市原vsG大阪(TV観戦):

« 無念 | トップページ | ラリージャパン公式DVD »

2016年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

Googleサイト内検索

観戦、旅行、その他諸々

フォト