« FUGA・短評(続) | トップページ | 中国の言い分 »

2004/10/17

秋華賞・アンチSS狂喜レース

スイープ直線一気、ダンス4着/秋華賞(日刊スポーツ)

アンチサンデーサイレンスの人なら3連複までばっちりか。
4コーナー回った辺りで「あ、イケるな」ってな感じ。
自分は中途半端なアンチSSなのでダメだったけど、鶴留&トウショウのラインにはジンと来る。

池添はゴール後に男泣きしていたが、インタビューでは感情を抑えて「(ずっと乗せてくれた)鶴留先生に恩返しできました」と感謝の言葉。

ちょっと突き放した言い方をすると、この馬、脚の使いどころが難しいので、超一流ジョッキー(具体的に言えばユタカ、アンカツ、ペリエ)を確保できないのなら、変に乗せ換えるより色々試行錯誤してきたジョッキーを続けて乗せた方が結果が出やすい。
人情面から語られやすい「我慢の起用」にもちゃんと合理的な理由がある訳で。

まあ、ユタカとかアンカツはその辺の「試行錯誤」をしなくても結果が出せちゃったりするんで、超一流なんだけれども。(例・ツルマルボーイの安田記念)

« FUGA・短評(続) | トップページ | 中国の言い分 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/47427/1705161

この記事へのトラックバック一覧です: 秋華賞・アンチSS狂喜レース:

« FUGA・短評(続) | トップページ | 中国の言い分 »

2016年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

Googleサイト内検索

観戦、旅行、その他諸々

フォト