« やんちゃの原因 | トップページ | さあ、代表監督だ »

2004/10/20

本気度のバロメータ

渦中のバトン、F1シート消滅の危機?(@nifty)

「ウイリアムズは伝統的にドライバーに金を使いたがらない」
確かに。(笑)

金さえ貰えれば優秀な人材でも手放してしまう組織は、そもそもトップを狙っていない。
そんなわけでBARの「本気で勝負いってます」度はかなり高いと判断される。
違約金で済む話ならチーム間で解決できるから、わざわざ上訴なんかしないだろう。

ウイリアムズの言い分は
「バトンは違約金を払わなくていいって言ったから、渡りに船で契約した」
BARの言い分は
「まだウチとの契約があるんだから手放すわけにはいかない」
バトンの言い分は
「・・・・・」

違約で大騒ぎを起こしたドライバーの先達としてはジャン・アレジがいる。
ウイリアムズとフェラーリの両方と契約してしまって泥沼。
このときは先にウイリアムズが契約していたんだけど、後からフェラーリがやってきたら、アレジ自身が舞い上がって契約書にサインしてしまい、結局フェラーリがウイリアムズにそれなりの補填金を支払って解決した。

「情熱的な(あんまり頭を使わない)ドライビング」がウリの、彼らしい行動ではあったけれども、私生活でどうかはともかく、ドライビングはその地点から成長しなかった。

果たしてバトンは頭を使ってあえてこういう行動に出たのか、後先考えずにサインしたのか。
その辺を確認する意味でも、来年のドライビングを見てみたい。

« やんちゃの原因 | トップページ | さあ、代表監督だ »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/47427/1732748

この記事へのトラックバック一覧です: 本気度のバロメータ:

« やんちゃの原因 | トップページ | さあ、代表監督だ »

2016年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

Googleサイト内検索

観戦、旅行、その他諸々

フォト