« ジャガー大バーゲン | トップページ | 博愛主義者の敗北 »

2004/09/26

柏vs市原(TV観戦)

前半は4人の守備専業DFとボランチが出足鋭くひたすら守る柏がやや有利ながら、名古屋で復活を遂げたとされる大野ー玉田のホットラインが思ったより機能せず、レイソルの攻撃は結局玉田一人にお任せ状態。
玉田は独力で局面を打開できるから、彼にボールさえ渡ればそれなりに怖いシーンを作り出せるので理に適ってはいる。でも、ゴールから遠いところからたった一人で何とかするのはさすがに難易度が高すぎた。

とにかく激しく守る柏の守備と濡れた芝が相まって、市原の中盤はロクにパス回しが出来ず、かといってボールを奪った柏も「あとは玉田さん、よろしくお願いします」という攻撃に移るので、市原は無理矢理にでも玉田を止めれば何とかなる、という膠着状態。

後半、市原はほとんど役に立っていないサンドロに変えて巻を投入。
「どうせ中盤が機能しないなら」と開き直ってロングボール攻撃開始。
これで逆に中盤が息を吹き返すんだから面白い。柏DFの注意が中央に引きつけられたためだろうが、村井、坂本の両サイドが活性化し、危ないクロスが次々と柏ゴールへ飛んでいく。
とはいうものの、相変わらずゴール前で独特のツキのなさを発揮する市原。なんとPKまで外してしまい、柏は寸止めサンドバッグ。
更に皮肉なことにサイドがあんまりにも機能しすぎて、市原は効果的だったロングボール攻撃を忘れてしまう。
ここで柏は大野交替、茂原投入。
茂原は左サイドの高い位置に張って玉田のフォローをし、柏の攻撃が活性化。
とはいうものの、玉田を助けてくれるのは彼一人。
結局市原優位のまま後半が過ぎていき、なぜか1分半延長されたロスタイムで「え? まだ終わんないの?」とまどう市原イレブンの隙をついた攻撃がヤバかった程度で終了。

しかし、大野。名古屋で復活して帰ってきたとの触れ込みだが、テレビで見てしまうと果たして攻撃の起点を任されていたのかどうかよく分からない。思ったより機能しないから後半変えられてしまったのか。
んで、玉田。ゴールまで切り込む、シュートする、クロスを挙げる、ポストで後ろに折り返す、大野がいなくなるとセットプレーのキッカーまで任される。ロナウジーニョだってそこまではしない攻撃権全権委任。とにかく玉田をきつくマークすれば相手チームは何とかなるんだからセットプレー以外にチャンスがない。んで、肝心のセットプレーを獲得するとキッカーが玉田。。。。
柏の2ndステージ1試合平均得点は1点を切るらしいけど、そりゃそうだろうな。リカルジーニョが帰ってくるまで改善は望めないか、それとも大野の覚醒が先か。

« ジャガー大バーゲン | トップページ | 博愛主義者の敗北 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/47427/1528352

この記事へのトラックバック一覧です: 柏vs市原(TV観戦):

« ジャガー大バーゲン | トップページ | 博愛主義者の敗北 »

2016年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

Googleサイト内検索

観戦、旅行、その他諸々

フォト