« 選手会ストライキ決定 | トップページ | 浦和vs新潟(TV観戦) »

2004/09/17

ジャガー撤退

フォードはヤバい。
クルマ(いい意味で)も経営(悪い意味で)も。

という報道は、半年くらい前にオートカー・ジャパンで読んでいたし、F1でもWRCでもシーズン前から、ジャガー&フォードに関しては、クルマがどうのより「今期で撤退する。。。はずだ」という報道ばっかりだったから、別に意外でもない。

F1では、ある程度の成績を残していたジャッキー・スチュワートを経営から外した辺りから迷走が始まったが、この時期に日本ではマツダが放置プレイを喰らっていたことと考え合わせると興味深い。多分、この時期が一番の混乱期だったんじゃないかな。
そういえばローバーをBMWと奪い合って痛み分けに終わった、なんてのもあった。
その後のミニの快進撃を見ると、BMWの方が上手く立ち回っているみたいだけど。

とすれば、今はその混乱期のツケを返している状況なんだろう。
オートカーでは「現在の社長、ビル・フォードはカルロス・ゴーンほどの改革者ではない」と書かれていたが、本当にそうなのかは今後のフォードを見るしかない。
マツダやランドローバーの扱いを見ると、「ボンクラ3代目社長」って訳でもなさそうだけど。

オートカーはこの報道に対するビル・フォード自身からの反論も載せていて、これによると「アメリカはまあまあ、でも欧州フォードがかなり厳しいのはご指摘のとおり」てなことを言っていた。
ジャガーの会長のコメント「F1でのジャガーの存在が価値やブランド力を発揮したのは、主力市場である米国、英国以外の場所だった」は、この言葉をそのまま踏襲していると言ってもいい。

欧州フォードの作るスポーティな走りをウリにするクルマは、現地自動車雑誌でもかなり高い評価を得ているから、てっきりバカ売れしているんだと思っていたがそんなことはなかったのか。日本でタイプRが全然売れない、みたいなものかな。だからジャガーはワゴンを作ったのか?

となれば、もしかして今の欧州フォードは、スポーツ路線からミニバン路線への転身を大成功させる(これも一種の改革でしょうな)前のホンダに近い立場か?
そのうち、次期モンデオあたりがベースの「スポーツカー並の走行性能を誇るミニバン」とか大ヒットさせるのか?

。。。。他社の成功を引き合いに出すしかない自分に経営者の資質はないようだ。

とはいうものの、経営が復調すればいいってもんじゃない。
ホンダはF1復帰当初もそこそこイケるエンジンを作っていたけれど、これはこっそり無限F1チームに社員を送り込んでいたから。

フォードにもコスワースという絶好の隠れ蓑があるんだから利用して欲しいもんだ。
70年代以降のF1ファンにとってみれば、「フォードエンジン」はフェラーリ並みにF1と共にある存在なんだから。

英ジャガーがF1撤退 経営不振で年内いっぱいで(スポナビ)

で、WRCはどうする?

« 選手会ストライキ決定 | トップページ | 浦和vs新潟(TV観戦) »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/47427/1459853

この記事へのトラックバック一覧です: ジャガー撤退:

« 選手会ストライキ決定 | トップページ | 浦和vs新潟(TV観戦) »

2016年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

Googleサイト内検索

観戦、旅行、その他諸々

フォト