« かりゆし崩壊 | トップページ | アクセス解析を眺めて »

2004/09/12

今日のJ(実は結構面白かった)

浦和レッズvs大分トリニータ

今のレッズみたいなチームを相手に勝利を模索しなきゃいけないんだからプロの監督ってのは因果な商売だ。

昨日、大久保をべた褒めする文章を書いたものの、浦和レッズは大久保以上と、大久保並のFWを取りそろえている上、山瀬だ、山田だ、アルパイだ、(代表よりはまともに使用される)三都主だ、と各種一級品の品評会状態。

やっぱり監督の頭には「もののふのみちはしぬこととみつけたり」なんて言葉が。。。、ハン・ベルガーはオランダ人か。
でも、グレゴリー・ペックが「男は死ぬと分かっていても、闘わねばならないときがある」なんて呟いて死地に赴く洋画があったりもするんで、この悲壮感は日本人ならではの感覚ではないだろう。

前半だけで4−0。
スコアだけ見れば、大分が一方的にタコ殴りを喰らっていたようにしか思えないが、実際には喰らわされても喰らわされても立ち上がってくる大分がまるでロッキー・バルボア(第1作限定)か、矢吹ジョーのようで、結構見応えがあったりして。
一矢報いたマグノ・アウベスが「JESUS LOVES YOU」と書かれたTシャツを見せつけて2枚目イエロー&退場を喰らったが、あれは「エイドリア〜〜〜〜〜ン」という叫びだったと考えれば、彼の中での戦いはすでに終わっていたんだろう。

ところで、オランダ代表アシスタントコーチに就任したビチュヘ。
これって大分にいたのと同一人物か? と思ったら兄貴だった。

« かりゆし崩壊 | トップページ | アクセス解析を眺めて »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/47427/1420429

この記事へのトラックバック一覧です: 今日のJ(実は結構面白かった):

« かりゆし崩壊 | トップページ | アクセス解析を眺めて »

2016年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

Googleサイト内検索

観戦、旅行、その他諸々

フォト