« 四国にも! | トップページ | F東京vs浦和(TV観戦) »

2004/09/23

G大阪vs東京V(TV観戦)

ガンバが好調なのだという。
マグロンという高い完成度を誇る電柱が倒れたことで、西野監督の中の「(サイドから仕掛けもしないしサイドチェンジもしないでサイドから電柱めがけてひたすら放り込む)西野式サッカー」回路がショートして確変でも起こしたんだろうか。
同じく好調の浦和は明らかに変わっているし。
と考えつつテレビ観戦。

ガンバの中盤が妙に薄い。
はて? と思ったら、渡辺光と家長が中に絞る、ということをあんまりしないからだったりする。
しかもヴェルディが3ボランチという布陣を敷いているため、比較対象の問題もあって余計に薄く見える。

ガンバのウイングバックは勝負をしない。
「持ったらすぐクロスな」
とキツく言い渡されているんだろう。

しかも唯一の救い「展開担当」の遠藤があんまり動かない。セットプレーのキッカーもフェルナンジーニョに任せっぱなしで、不思議に思っていたら怪我をしているんだそうな。
そうなるとクロスしか武器が無くなるガンバ、でも目標となる電柱がないので大黒かフェルナンジーニョが何とかしてくれないかなあ、という盲撃ち。
あれ? 西野式サッカーの弱点が全部出てるじゃないか?

対するヴェルディは
「アーリークロスだのロングフィードが武器なんて、恥ずかしくないのかね」
と言いたげな細かい細かいパスサッカー。
これがあるんで、逆に前線の飛び道具、平本のドリブルが効く。
「パスサッカーだから」とパスコースを切る方向で守備をしていると、合間を突いて平本が仕掛けてくる。んで、仕掛けてる間に味方がゴール前へ集まってしまう。
あるいは「怖いサイドってのはこうだよ」と相馬と平野が内へ内へと仕掛けるので、やっぱりその間に味方がゴール前へと殺到。
あるいは大きなサイドチェンジをかまして、ガンバ守備陣が振り回されている隙に、空いたゴール前スペースへと殺到。
しかし相馬は上下動と内への斬り込みを厭わない、いいサイドハーフだね。

もちろんガンバもチャンスを作っているんだけど、入ったら「勝負の不条理」に思いを馳せたくなるような単発のシュートばかり。
とにかく役割分担を守るかのように、ゴール前に走り込む人員が決まっているんだから、ヴェルディ守備陣はやりやすかったんじゃないだろうか。

後半、ガンバは展開力に優れるシジクレイをボランチにすべく宮本投入。
状況に変化なし。
それでは、と電柱代わりか中山投入。フェルナンジーニョをトップ下へ。
フェルナンジーニョはトップ下でトップを操る、という仕事は出来ないらしい。消えてしまった。

ガンバがヴェルディゴール前に殺到するようになったのは、ヴェルディが疲れて動けなくなってから。またはセットプレー。しかし、相手が疲れた時間帯から3点返すのは厳しいよなあ。

というわけで、テレビで見た限りでは「西野式サッカー」を西野が止めたわけじゃないようだ。
んじゃあ、これまでの「好調」はマグロンを失った西野の「修正」が間に合わなかったからか?
修正して元に戻ったんじゃあなあ。

同世代の山本前U-23監督は、予選で平山、闘莉王を手に入れて「山本スタイル」が完成したな、と思ったら、そのスタイルは偶発的に出来たものだった、ということを本番でさらけ出したことがあった。
柏で苦闘する早野と併せ、この世代で早く名を売った監督達が、スタイルを持っているにせよしないにせよ、今ひとつ伸び悩んでいるところを見ると、クラブレベルでそれなりの実績を残しているその下の世代(反町、柱谷兄、小林伸二)の時代は意外に近いのかも知れない。柱谷弟は置いとくとして。

« 四国にも! | トップページ | F東京vs浦和(TV観戦) »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/47427/1503967

この記事へのトラックバック一覧です: G大阪vs東京V(TV観戦):

« 四国にも! | トップページ | F東京vs浦和(TV観戦) »

2016年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

Googleサイト内検索

観戦、旅行、その他諸々

フォト