« G大阪vs東京V(TV観戦) | トップページ | 星墜ちる »

2004/09/23

F東京vs浦和(TV観戦)

ルーカスのルックスには既視感があるな。
あ、ライオネル・リッチーか。
ってなネタは「今更」だろう。

茂庭の試合前コメントによるとジャーンと2人でエメルソンの面倒を見るつもりだったのだという。
ベストメンバーの浦和だったら、「ああ、そうですか」だろう。
しかし今回は、エメルソン1トップの永井、三都主の2シャドー。
この2人に「シャドー・ストライカー」の資質があるとは思えないなあ。

案の定2人してMFとして振る舞ってしまい、えらく低い位置までボールをもらいに行ったり、守ったり。結局孤立したエメルソンはボールを持っても1人で仕掛けるしかなく、上記コメントのように2人掛かりで潰されてしまう。

両チーム共に高いDFラインを特徴とするためか、前半は狭いフィールドの中での裏取り合戦。
こうなると裏を取る人材に不足はない東京が有利になるものの(三浦文がやたら前線に顔を出していた)、攻撃にバリエーションを加えるケリーが抑えられたため、やや単調な攻め。
対する浦和も、エメルソン何とかしてくれフィードが中心で、やっぱり単調な攻め。
スリリングではあるものの、退屈な展開で、テレビで見るには辛いなあ。

後半もあんまり変わらない展開ながら、裏の取られまくりに嫌気がさしたのか、浦和の守備に荒さが出てきて、結局それが原因のファールからセットプレーで東京先制。
このまま自滅か、と思われた浦和が足首に故障を抱える田中達也を投入して4-4-2にしたところ、突如全ての歯車がかみ合い始める。
全ての選手が収まるところに収まったという感じで、三都主はともかく、永井はFWであることを辞めちゃったのか?

結局、土肥の神セーブに見舞われたり、絶好のチャンスがあまりにも絶好過ぎてPA内の味方がお見合いしてしまったりと、運にも恵まれなかった浦和。
敗戦は喫したものの、とりあえず山瀬がいないときの戦い方を見つけられただけでも収穫か。
しかし永井、4-4-2の右サイドハーフで「浦和攻撃時のボールの落ち着きどころ」になっていた。新境地を開いたかも。

« G大阪vs東京V(TV観戦) | トップページ | 星墜ちる »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/47427/1505232

この記事へのトラックバック一覧です: F東京vs浦和(TV観戦):

« G大阪vs東京V(TV観戦) | トップページ | 星墜ちる »

2016年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

Googleサイト内検索

観戦、旅行、その他諸々

フォト