« 早く辞めろってか(笑) | トップページ | 追い比べをまったり観戦 »

2004/09/19

C大阪vs市原(TV観戦)

札幌から獲得して合流したばかりの大森が即スタメン、というところにセレッソの台所事情が垣間見えるが、対するジェフもミリノビッチが使えないと阿部がリベロになってしまうので、苦しさに関しては大差ないようだ。

しかし、セレッソには大久保がいる。
並のDFが1人で止めるのが難しくなったFWがいる。
そんなわけで、ガチンコ守備以外にも色々仕事がある阿部がDFの真ん中に入った時点で、「大久保に抜かれる」は市原守備陣のデフォルト設定になってしまったのかも知れない。

前半のペースは完全に市原。
クロスやミドルシュートを雨あられと浴びせて最終的には外してしまう。
速攻でペースを握っているものの、速攻のツケとして難易度が高いシュートが多くなってしまっていた。
この辺のリズムに緩急をつけるのが阿部の仕事なんだろうけど、最終ラインから望む前線は少々遠すぎたようで、効果的なパスがほとんど出せない。
こうしているうちに点を取られるのが市原パターンだよなあ、と思っていたら大久保が見事に決めてしまった。

後半、ジェフは速攻の速度向上を狙ったのか、林、サンドロ、マルキーニョスの3トップに工藤浩平の1ボランチという大博打に出るも、工藤には荷が重かったようで、出足鋭いセレッソの攻撃陣にいいように振り回され、失点。
結局、選手交替で阿部をボランチに戻したら、ある程度真ん中から縦へパスが通ったりするようになったものの時間切れ。

セレッソの守備は明らかに上向いていて、ピンチの時に足を止めてボールを見つめ続けるDFはいなくなっていたし、GKも、まあ前節よりはマシか。少なくとも大久保が味方ゴール前まで戻っていくシーンは減っていた。
特に先取点奪取後は、明らかに中盤でも出足がよくなり始め、ジェフのパスが雑になると素早く奪って大久保へ。
自分で持ち込んでくれるFWがいると、攻撃は楽になるんだなあ。

国内有数の攻撃陣と上村以外はアテにならない守備陣が、ある種のキャラクターとなっていたセレッソだけに、このまま守備の整備が続いてしまうのもちょっと寂しい気がするってのは、野次馬の勝手な感想だな。

ジェフのキャラクター「連敗ストッパー」は健在だけど。
もう一つの「歴史の現場に立ち会ってしまう」ってのも健在。
大久保がJリーグでハットトリックを決めたのは今日が初めてだったそうな。

« 早く辞めろってか(笑) | トップページ | 追い比べをまったり観戦 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/47427/1472539

この記事へのトラックバック一覧です: C大阪vs市原(TV観戦):

» [C大阪vs市原]健作J1再々デビュー戦! [こんさ王国!]
C大阪3−0市原  前半31分 大久保!  前半36分 大久保!!  後半13分 大久保!!! 初ハット!!  健作のJ1再々デビュー戦!  先発... [続きを読む]

« 早く辞めろってか(笑) | トップページ | 追い比べをまったり観戦 »

2016年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

Googleサイト内検索

観戦、旅行、その他諸々

フォト