« ハルウララの周辺機器 | トップページ | オリンピックの裏番組 »

2004/08/16

山本監督は何がしたかったのか?

W杯を断念させたほどの病気を再発させた高原を招集→案の定ドクターストップ

所属クラブの抵抗を振り切って小野を招集→高原と組ませないと意味無いって、言ってたんじゃ。。。

ただでさえ一杯いっぱいだった平山にとどめの一言「君、高原の代わりね」→平山絶不調へ

絶不調の平山をマンツーマン指導→潰れた

最後に一言「周囲のサポートも含めた万全の体制が整っていなかった」

思えば青木を無理矢理リベロ起用して潰しかけたあたりから、引き出しが少ないとは思っていたものの、その後はA代表よりは一貫したサッカーを展開していたんで、まあ、これを磨き上げていくんだろうな、平山と闘莉王というドンぴしゃの人材も手に入ったし、必殺技はバカの一つ覚えから始まるし、とそれなりに納得をしていた。

んが、まさか予選通過後の親善試合あたりで繰り返していたしょっぱい試合が、山本監督の考える「理想のサッカー」だったとは。備忘録に書いてあったっけ?

ということは予選を通過したサッカーは、平山と闘莉王がいたんでたまたまああなっただけってことか?
んで、予選を通過できて余裕が出来たんで色々いじったら壊れちゃったと。

2年かけて何となくできあがっていた共通理解までもを完膚無きまでに破壊し尽くしたイタリア戦前半の采配。
選手達はアジアカップの出場選手に負けないくらいの逆境に立ち向かったと言えるんじゃないだろうか。

「ペナルティエリア、ボックス内でのプレーを改善していかないと。。。」(スポナビ)
パラグアイから3点、イタリアから2点もとった選手に言う台詞か。まあ、セットプレーだったけどさ。

てんぱって目が泳いでいた17歳の市川に、岡田監督は
「なあイチ、ここでしくじっても家族が死ぬ訳じゃないんだ」
と話しかけて緊張を解いてやったという。
自分の方がずっとキツかったろうになあ。
器の違いか。

« ハルウララの周辺機器 | トップページ | オリンピックの裏番組 »

コメント

初めまして。
大変面白く拝見させていただきました。
非常に面白かったので、トラックバックさせていだきます。

試合の感想など、非常に勉強になります。
これからも、よろしくお願いいたします。

コメントありがとうございます。

色々試行錯誤している文章を誉めて頂いて恐縮です。

これをポストしたときは感情的になっていたので色々腐してはいますが、山本監督の手腕が優れているのかいないのか、というのはまだ私には分かりません。
モウリーニョ級じゃないのは確かだと思いますが。(笑)

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/47427/1209322

この記事へのトラックバック一覧です: 山本監督は何がしたかったのか?:

» 磐田の落日 [kamocube]
磐田の落日 [続きを読む]

« ハルウララの周辺機器 | トップページ | オリンピックの裏番組 »

2016年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

Googleサイト内検索

観戦、旅行、その他諸々

フォト